デュッセルドルフ暮らしのとあるデザイナーの記録

幼児持ちドイツ暮らし。ドイツ暮らしや子育てメモとか記録

いい天気が続いています。ただし、寒い。

久々の天気話。

日もそろそろ長くなって来たぞ!18時まで明るい!

カーニバルの週末はあいにくの天気でしたが、その前後はとてもいい天気が続いていました。

とにかく毎日晴れ! ただし寒い

先週も今週もいい天気。でも今日は朝起きると雪がうっすらつもっていて、朝家を出る頃には青空と白い雲の空の中、ふわふわ雪が舞っていました。青空の面積も広がって雪は止みましたが、今朝は特に冷気がはんぱない。

いい天気なんだけど、氷点下。

f:id:ukite:20180226191636p:image

デュッセルの晴れの冬は、とにかく冷えます。むしろ曇りの日の方がまだ暖かい印象。一応カーニバルは春の訪れを祝うお祭りなんですが、春ってあったかいんだっけ? 春ってなんだっけ?みたいな感じ。

 

そして、2月下旬の今、ついに日の入りが18時過ぎました! 3月の最終日曜日からはサマータイムが始まります。ドイツの冬は日の出は遅く、日の入り早く、曇りが多くてやっぱり暗いのですが、1月の後半あたりから段々日が伸びてきます。ドイツの冬は長い、暗い……、と冬季うつになる人もいる国ではありますが、年が明ければすぐ日が伸びてくるので、「案外冬短いじゃないか!」というのが個人の感想。10月後半あたりからすでに冬の気配が始まっちゃうから(日本人的な秋らしいさを感じるのは一瞬)そういう意味で冬は長い……のかな?

 

四月は四月で「April Wetter」という言葉があるのですが、とってもいい天気で晴れてたのに急にゲリラ豪雨のような激しい通り雨が降ったりなんだりのピクニックシーズンが始まります。

夏は夏で、夜まで明るいので子どもが寝ない……と幼児持ちの親は悩む時期ですが、寒いよりかは暖かい方がいいので、今年の春夏が楽しみです。(と言えるのも今だけかもしれない……夏は夏でドイツにクーラーあんまり無いから……笑)