デュッセルドルフ暮らしのとあるデザイナーの記録

デュッセルドルフに1歳児と一緒に引っ越してきました。今のところ、暮らしのメモや記録中心です

ドイツの冬と太陽と日焼けサロン

日本人の私にとって日焼けサロンと言ったら、ギャルとか、芸能界でキャラ的に必要な人が使うような非日常なお店なのですが、デュッセルドルフではフツーに街の商店街で見かけます。

f:id:ukite:20171122175940j:image

ドイツの冬は天気が悪く、日照時間も短いので太陽と夏が大好きな人は多い模様です。そんな私もドイツで過ごす夏を経験して、「ドイツ人が日光浴大好きな理由がよく分かる!」と感じました。

11/22現在、デュッセルドルフの日の出は8:02、日の入りは16:35。

f:id:ukite:20171122175134j:image

東京でも11/22の日の入りは16:30とほぼ変わりませんが、東京の日の出は6:24なので、ドイツでの朝の真っ暗さが分かります。朝は暗く、更に天気も悪いので、夏は絶好調だけと冬はうつ状態という、「冬季うつ」になる人がいるのも頷けます。冬季うつ治療のためにPhilipsが光の目覚まし時計(写真左)や家庭用光線治療の機械(写真右)や、も販売しています。

f:id:ukite:20171122183329j:plain  f:id:ukite:20171122183723j:plain

(引用)(左)Somneo Sleep and Wake-up Light HF3650/01 | Philips(右)EnergyUp EnergyLight HF3421/01 | Philips

 日焼けサロンの話に戻りますが、元々ドイツ人は「日に焼けた肌は健康的で良い」と感じる人が多いそうです。日本人は「シミ絶対やだ!美白!」な感じだと思うので、そもそもの価値観が大きく違いますね。私は特別美白対策はしてないのですが……(年齢的にした方がよいかな?笑)、化粧下地兼の日焼け止めは毎日使っています。なので、ドイツで日焼けサロンってフツーの人が使う身近な(?)お店っぽいんですよね。お店の前を通る時に店内にいるお客さんをたまにみると別にキャピキャピの10代が集まっているわけでもなく、30〜40代の人を普通に見かけるのです。

ドイツに越してくる前から、ドイツ人は小麦色の肌が魅力的だと感じる人が多いのは知っていたのですが、日焼けサロンの多さにビックリしました。この冬を知っていたら、日焼けサロン行きたくなるのもよく分かります。あったかくて気持ちいいのかな〜。岩盤浴的な。

 

実際日本は湿度の高さもあいまって、夏の日差しはねっとりとジリジリ暑いので、日焼け防止のためだけでなく、熱中症を防ぐためや、快適さのために日傘などを利用するというのは悪く無い手段だと思います。帽子をかぶるだけでも違うし。環境の差による価値観の違いですよね。

 

ドイツの日照時間と健康についての記事。分かりやすく、参考になります。

www.newsdigest.de

日本在住日独ハーフのサンドラ・ヘフェリンさんが書く、日本とドイツの「日焼け」の違いについての記事。

young-germany.jp

 

ドイツでYakult買ったのよ、他よく見かける日本の食品

日系・アジアンスーパーじゃなくても見かけることができるヤクルトです。ちなみに高いです( ;∀;)。2.99€くらいだったかな。EDEKAで珍しく1.99€で安かったので買ってきました。

f:id:ukite:20171117193826j:image

パッケージを見るとヤクルトはオランダで生産されたそうです。オランダと見るとなんとなく安心の不思議。味は同じです。

 

写真には「出前一丁」もありますが、本当においしい!作り方は日本の普通の袋麺と同じです。これのほかに「Yakisoba」「Cup Noodle」がドイツスーパーで見かけることができます。平日の昼間はしょっちゅう日清製品です。それかパン。日清海外進出ありがとう!(((o(*゚▽゚*)o)))♡

近所のスーパーREWEでは、緑と赤の出前一丁しか見かけないのですが、日系スーパーの「松竹」ではかなりの種類置いてあります。出前一丁ハンガリー産のようです。

 

他にはKIKKOMANもヨーロッパに拠点があるおかげで、スーパーによっては醤油とか照り焼きソースとか売っています。

不思議とTERIYAKIは国際語になってるみたいで、ドイツの飲食店でたまにテリヤキソースの言葉を見かけます。

今日のお昼は出前一丁を食べます。

ドイツのNiveaも冬季限定缶、とかお買い物にて。

長らく使ってたハンドクリームがやーっとカラになりそうなので、ニベア買ってきました。ドイツでも冬季限定の缶がちゃんとあります。

f:id:ukite:20171117183038j:image

柄は数種類ありますが、この柄、正直昨年も同じの見たと思う。

こっちのもまあ可愛いんだけど、日本の可愛いよ。

f:id:ukite:20171117185208j:image

(こっちは多分昨年の日本の。余ってたからそのまま持ってきた。こっちの方が可愛さは好み)

 

ハンブルクやベルリンにはニベアショップもあって、日本じゃ見たこともないようなニベアグッズ、化粧品に、ニベアエステとか色々ありますよね。

f:id:ukite:20171117184024j:image

ハンブルクニベアストア。ハンブルクいい街だったなあ)

 

ところでヨーロッパでは基本的にお買い物はどこでもマイバッグ持参が基本だと思うけど、今日ドラッグストアでオムツ含めかさばる子ども用品など買った後にすぐ隣のスーパー寄ったら、そのエコバッグの中身見せろと言われ、隣のドラッグストアで買ったものだと伝えたものの、オムツはそのスーパーにもある商品。レシート見せろとも言われ、仕方がないとはいえ、ふんわり不愉快になったわたしでした。疑われると面倒なので、リュックなどにキチンと閉まってからスーパー寄ることも多いんですけどね。

アジア人だから聞かれたのか?胡散臭い荷物の人にはみんなに聞いてるのか?お買い物ハシゴは普通しないのか?そしたらショッピングモールとかなんなんさ?年末だと日本みたいに窃盗でも増えるのか?みたいな色々あるけどね。基本ドイツ人は小さい子に厳しくもあるが優しいので、子連れには暮らしやすい都市だと思うけど、日本語のようには当然独英話せなくて、たまに面倒だなーって思うことあるよね。

といっても、日本であっても、私はその場では店員に文句は言わない(言えない)と思う。面倒ごとを可能ならば避けたい典型的?日本人なのであった。

ちなみに個人的印象では高校以上の大きくなってから海外暮らしで現地教育を受けている日本人はキチンと意見はその場で言える人が多いなと思っている。

変圧器について少しだけ考えが変わるプチ事変

結論として海外で住むにあたって変圧器は、日本から特別持って行って使いたい家電がない限り、用意しなくてもよいものだと思うことには変わりません。

でも、せめて少ないWの「トラベル用変圧器」くらい用意すればよかったと思うことがいくつかでてきてしまいました。

なんというか、たんに私の確認不足であります(^^)

uki.hateblo.jp

引越し前に、目につく様々な電化製品の電圧を調べました。PCのアダプターはもちろん100-240V、携帯電話やスマートフォンの充電器も同様。デジカメのバッテリーの充電器も。ヘアアイロンも意外にも240VがOK。なので、C型プラグだけあればなんとでもなるだろうと思っていました。

また、上記充電系アダプタが海外対応OKということから、充電して使う関係の機器は現代では概ね100-240Vなんだろうという思い込みがいけなかった

今日の時点で気がついている我が家にあった充電系アイテム。

  • eneloop kairo(もう廃盤かな? 充電式の電子カイロ)
  • eneloop充電器(ニッケル系水素電池だから持ち込み制限はリチウムのようにはないのかな?)
  • 充電&AC電源型の毛玉取り機

全部充電用アダプターが100Vないし100-120Vだったの!!!

完全に盲点でした。そもそもkairoは何年も実は使ってないので別によいのですが(ならなぜもってきた*1

ある日毛玉取り機使おうとした時に、よくみるとAC電源が100Vなんですよ。モーター系は概ね100Vなのかなーと思っていたのですが、こういう小さいものなら240Vまでいけるとおもっていました……。よく見ないで引越し荷物に入れてきた私が悪かった。同じメーカーの商品でも、もう少し高いやつは、ちゃんと電源が100-240Vのものとかあって。そこそこ高級毛玉取り機(といっても3000円程度)を買ったので気づいた時はショックでした。笑

毛玉取り機に関しては、ドラッグストアROSSMANNの大きめな店舗にいって、電池式のを買いました。(3.99EUROで安いよ!)

eneloopに関してはSANYO時代の、かなり昔に買った充電器だから100Vだったのかもしれません。amazonPanasonicの充電器セットをみると、どうやら100-240Vと書いてあるので。 

 

引越し荷物は冷静に……!

なんというか、使えないゴミをどんぶらこっこと船便なり航空便なりで送ってしまったことに自分あほやな〜とがっかりしています。普通は海外転勤や移住前提で商品選ばないからね……笑。

 

*1:引越し前は夫婦ともに子育てや仕事やらで普通に忙しすぎて、もう仕分けが面倒臭い!引っ越してから全部やればいいよ!とたくさんものも捨てたのですが、仕分けしきれずにとりあえず段ボールに詰め込んだものがたくさんあります……

Pimentos はピーマンなのかい?

ドイツにピーマンないなー、ピーマン入れると味が良い感じになる料理は確かにあるけど、でも無くても困らないよなー、ってな感じで今までピーマンを使う料理は緑パプリカで代用していました。色合いで完全に雰囲気重視。

ドイツ在住者のブログで、ピーマンをマルクトで見つけたという記事を以前見たことがあって、ピーマンっぽい雰囲気の名称のピーなんとか…(その時は名称すぐ忘れてた)ってものをマルクトで無いか探したこともありますが、見つけられませんでした。そうしたらスーパーのEDEKAにて、パプリカやらを置いてあるエリアにピーマンらしきものを見つけました。よく行くEDEKAvodafoneが圏外になるので(涙)その場でググることもできず勢いで買ってきました。

「Pimentos de padron」と書いてあります。

f:id:ukite:20171109011450j:image

正直、辛かったらどうしよう、とビビりながら買いました。なので、ひとまず大人用だけにオカズを作るつもりで。が、パッケージの裏面に辛さグラフがあって、ピーマントスは一番下でした。取り越し苦労。ハバネロより上を行く辛さのものは「Naga Jolokia」ですって! 唐辛子系の辛味は少し苦手なので、私は無理ですわ。

f:id:ukite:20171110203843j:image

調理してみたら、程よい苦味、これはピーマンだ!

しかし、一個一個が小さくて種とワタを取るのが非常にめんどくさかった! どの季節もあるかどうかは分かりません。オランダ産のピーマンでした。

 

ちなみに、ドイツと日本で品種が違っていて普段の調理法をするとナンカチガウになるのは、サツマイモ(切ると中がオレンジ色)とカボチャ(皮がオレンジ色)。両方水っぽいのである。

秋の今、もうすぐ終わってしまいますが、緑色のカボチャがスーパーでも手軽に手に入れることができて、味は概ね日本のと同じだと思います。

サツマイモは、秋の始まり頃にマルクトの八百屋で見かけました。珍しいので買ってみました。高めでしたが……、水っぽくないやつでした。デュッセルドルフでは韓国系スーパーのHANAROで概ねいつでも買えますが、たまに品質が気になる。たまに紫芋もある。

 

今年最後のFischmarktへ

4月から11月5日まで、毎月1回(7月はナシ、8月のみ2回)ライン川沿いでフィッシュマルクトが行われていました。ずっと行ってみたかったのですが(日曜日はお店もやってなくて暇だし)、いつも用事があったりなんだりで(暇じゃないじゃん!?w)行けなくて、でもようやく今日行くことができました。

出店のラインナップは、ブラットヴルスト、ポメス、バーガー、ビールなど定番なものばかりでしたが、フィッシュマルクトなだけあって魚介製品を扱う出店もありました。

カキ、マティエスバーガー*1、鮭のなんたら……など。

子どもだけお昼ゴハンを自宅で食べさせて、それから移動中にお昼寝してくれるのを狙ってでかけたのですが、結局寝てくれずに、親の私たちはほとんど食べ歩きはしませんでした……クッ

鮭のなんたらの中に、どでかい鮭を板に貼り付け炎で焼く「Flammlachs*2」という食べ物があったのですが、見た目のインパクトが結構あるんですよね! 結構高かったと思います。昨年のクリスマスマーケットでも見かけたので今年は勇気を出して注文してみたいと思います。屋台ってメニューが手書きで読めなかったり、ハッキリ見えるところになかったりして、注文も勇気が結構いるんですよね……昨年よりドイツ語が話せるようになったとはいえ……。

 

f:id:ukite:20171106005151j:plain

トーンハレー駅からラインテラッセの北方面へ屋台が並んでいました。石鹸やオイル、バターやチーズなどなど、装飾品やオリジナルデザインの子ども服など、手作り商品もいろいろでした。 

Fischmarkt in Düsseldorf

 

お問い合わせ先をサイドバーに表示してみました。堂々と@込みでemail書いた方がいいのかな、フォームの方がいいのかな? ★なんて正直メール書く人に対してハイパー不親切な感じですけど、色々新しいウェブ界事情はさっぱりわからないのであるよね……。

 

*1:Matjes Burger マティエスバーガー

にしんの漬物?のバーガー。魚系出店でよく見かけますね。

f:id:ukite:20171106011102j:plain

(引用:Matjes-Burger - Friesenkrone

参考:マティエス・Matjes - ドイツ生活情報満載!ドイツニュースダイジェスト

*2:Flammlachs フラムラックス

鮭のフィレ(日本じゃこんなサイズ一般消費者は見られないですね)を板に貼り付けて、炎で焼く! 寒い冬はこんな屋台見かけたら心身ともに温まりそうで食べたくなる。元々はフィンランドの食べ物らしいです。

youtu.be

冬時間が始まり急速に進む冬、クリスマスマーケットの準備

10/30日曜日からサマータイムは終わり、日本との時差は7から8時間になりました。10月はみるみる日が短くなかって、暗い朝が到来していました。

10/28の日の出は8:18、日の入りは18:13でした。

f:id:ukite:20171104193951p:image

真冬は、冬時間でも朝の8時台に日の出が日常になります。冬時間になった10/30は、日の出が7:20、日の入りが17:11。まるまる1時間早くなりました。

f:id:ukite:20171104195220p:image

最高気温が10℃を切る日も出てきて、紅葉も急速に進んで行きます。通りには落ち葉がたくさんです。

 

ヨーロッパの冬と言えばクリスマスマーケット。ドイツの冬と言えばかもしれませんが、ヨーロッパ各国ではクリスマスマーケットがおそらく11月下旬あたりから見られると思います。

デュッセルドルフでも市内のあちらこちらでクリスマスマーケットが開かれます。開催エリアのシャドープラッツでもクリスマスマーケットの準備が始まりました。

f:id:ukite:20171104195628j:image

 アップルストアはこの日がiPhoneXの発売日。金曜日の午後だったのでショッピングエリアのこの近辺は普段の平日より人が多くなるのですが、アップルストアもいつもより人だかりがありました。店外にまで行列はさすがになかったです。帰国前にiPhone買って帰ろうとは思ってますがしばらくは静観笑。

 

昨年はデュッセルドルフ中心部と自宅近辺のクリスマスマーケットにしか行きませんでしたが、今年はちょこちょこマーケットが有名な都市、中世風マーケットへ遠征もできたらなーと思います。

クリスマスマーケットの気になるグラスはマーケット開催が始まってからお早めに! 12月半ばにもなると、たくさん洗われて使われて少々傷っぽくなるようなので。飲み物代+デポジットを支払い、グラスを返却するとデポジットが返還されるシステムですが、デポジットは支払いっぱなしにすればそのまま持ち帰るこどができます。