元ドイツ暮らしのデザイナー。

幼児持ち元ドイツ暮らし。ドイツの公園はお気に入りだったなあ。

いつ産まれてもよい時期に突入ですが…ドギマギしている案件も

なんとか37週過ぎた!

妊娠37週を過ぎて、正期産の期間に入りました。

やっとこの時期まで来れたー!という感じでホッとしています。

お産そのものの山はこれからとはいえ、「いつ産まれてもOK」になるのって、張っていた気持ちが落ち着く感じですね。

今回は二人目の出産なので、一人目妊娠の時よりもだいぶ気楽に過ごせましたが、やっぱりお腹の中は見えないので心配事は(今でも)尽きません。

今のところ予定では、4月入ったら計画無痛分娩になっています。でも、通常、病院的にはもっと早くやるんだけど、祝日があったおかげで4月入院予定になりました。

(ただし、それよりも早く陣痛が来る可能性はあるにはある)

私が通っている産院は、麻酔科医が常勤でいる大きな病院ではなく、無痛分娩を幅広く受け入れている病院でもなく、無痛分娩は月に数件、予約できるのは経産婦のみでものすごーく積極的にやっている病院ではありません。

私自身、30代後半に突入しているし、一応NICUがあるような産院を選んだほうがいいのかな?と悩んだ時期もありますが、産院を決める週数の頃は、ハイリスク妊婦でもないし(幸い、妊娠後期の今日まで大きなトラブルなく過ごせました)、やや遠いところなので、通院も大変だよな…と思って、せめて小児科医が常勤でいる病院にしようと、一人目と同じ産院にしました。入院中のクオリティも分かっているところですし。

 

いつ産まれてもいいけど気になるあのこと!

4月上旬が予定日の人で特に仕事をしている人は「早生まれになるかどうか」って内心ヤキモキしている人もきっといますよね。私もそうです。

保育園に0歳児クラスで入園するか、1歳児クラスで入園するか、フタを開けてみないとどのタイミングだろうと入れるかどうかなんてわからないけども、できることなら入れる枠の数が物理的に多い0歳児クラスで入園させたい……のが仕事をしている身として湧いた自然な気持ちです。

育休明け・兄弟加算があれども、その年その年で0歳児ですら入れるかわかりませんけどね。

基本的に自治体は、その園に入園できた子どもの最低点(ボーダー)を教えてくれますが、いったい何があればこんなに点数高くなるのか?と疑問に思う家庭もあるよね…。

今は、4月までねばってくれ!!と思って過ごしています。

会社員の仕事はなんとか終わらせましたが、個人で引き受けている仕事があと少し残っていて、仕事が終わるまでお腹にいてくれ!と祈っています(^o^)