デュッセルドルフ暮らしのとあるデザイナーの記録

幼児持ちドイツ暮らし。ドイツ暮らしや子育てメモとか記録

変圧器について少しだけ考えが変わるプチ事変

結論として海外で住むにあたって変圧器は、日本から特別持って行って使いたい家電がない限り、用意しなくてもよいものだと思うことには変わりません。

でも、せめて少ないWの「トラベル用変圧器」くらい用意すればよかったと思うことがいくつかでてきてしまいました。

なんというか、たんに私の確認不足であります(^^)

uki.hateblo.jp

引越し前に、我が家にある目につく様々な電化製品の電圧を調べました。PCのアダプターはもちろん100-240V、携帯電話やスマートフォンの充電器も同様。デジカメのバッテリーの充電器も。ヘアアイロンも意外にも240VがOK。なので、C型プラグだけあればなんとでもなるだろうと思っていました。

また、上記充電系アダプタが海外対応OKということから、充電して使う関係の機器は現代では概ね100-240Vなんだろうという思い込みがいけなかった

今日の時点で気がついている我が家にあった充電系アイテム。

  • eneloop kairo(もう廃盤かな? 充電式の電子カイロ)
  • eneloop充電器(ニッケル系水素電池だから持ち込み制限はリチウムのようにはないのかな?)
  • 充電&AC電源型の毛玉取り機

全部充電用アダプターが100Vないし100-120Vだったの!!!

完全に盲点でした。そもそもkairoは何年も実は使ってないので別によいのですが(ならなぜもってきた*1

ある日毛玉取り機使おうとした時に、よくみるとAC電源が100Vなんですよ。モーター系は概ね100Vなのかなーと思っていたのですが、こういう小さいものなら240Vまでいけるとおもっていました……。よく見ないで引越し荷物に入れてきた私が悪かった。同じメーカーの商品でも、もう少し高いやつは、ちゃんと電源が100-240Vのものとかあって。そこそこ高級毛玉取り機(といっても3000円程度)を買ったので気づいた時はショックでした。笑

毛玉取り機に関しては、ドラッグストアROSSMANNの大きめな店舗にいって、電池式のを買いました。(3.99EUROで安いよ!)

eneloopに関してはSANYO時代の、かなり昔に買った充電器だから100Vだったのかもしれません。amazonPanasonicの充電器セットをみると、どうやら100-240Vと書いてあるので。 

 

引越し荷物は冷静に……!

なんというか、使えないゴミをどんぶらこっこと船便なり航空便なりで送ってしまったことに自分あほやな〜とがっかりしています。普通は海外転勤や移住前提で商品選ばないからね……笑。

 

*1:引越し前は夫婦ともに子育てや仕事やらで普通に忙しすぎて、もう仕分けが面倒臭い!引っ越してから全部やればいいよ!とたくさんものも捨てたのですが、仕分けしきれずにとりあえず段ボールに詰め込んだものがたくさんあります……