デュッセルドルフ暮らしのとあるデザイナーの記録

幼児持ちドイツ暮らし。ドイツ暮らしや子育てメモとか記録

ドイツで葉酸(ヨードなし)を買ってみる

妊娠前から飲み始めるとよい「葉酸」。すでによく知られていると思います*1

可能ならばいつかは欲しい第二子。希望する年齢差や自分自身の年齢を考えたらあまりたくさん時間があるわけではありませんが、子供を希望するなら妊娠前から飲まないとな、と思い、同じようにドイツ在住日本人女性のブログでサプリについて簡単に調べてから*2とりあえずドイツのサプリを買ってみようと近所の薬局(Apotheke)へ行きました。

薬剤師に伝えたのは、以下の三点。

  1. 葉酸(Folsäure/フォルゾイレ)入り
  2. ヨウ素(Jod/ヨート)無し(Jodfrei/ヨートフライ)
  3. 妊娠希望しているがまだ妊娠していない

1と2を先に伝え、妊娠しているかどうかみたいなことを聞かれたので、3と答えました。そして買ったのは、「Folio forte jodfrei」という商品。90タブレット入っていて三ヶ月分。妊娠希望してから妊娠12週まで飲むサプリ。1日1粒です。ドイツらしいのが、これはグルテンフリーサプリらしいです。青いボタンを押すと、下から一粒だけでてきます。

f:id:ukite:20170926212540j:plain f:id:ukite:20170926212553j:plain

Folio forte jodfrei。7.25EURO。(Über Folio®forte und Folio®forte jodfrei

正直葉酸は400μgでよかったのですが、オススメされたのは800μg。ドイツの薬やサプリって基本的にドイツ人体系向けで含有成分多めな気がします。

また、ヨード無しにした理由は、出汁を使ってほぼ毎日食事をしていて海苔もたまに食べるので、何かしらヨウ素は摂取しているだろうと思って無しにしました。ヨウ素は日本人ならばほとんど不足しない栄養素だそうですが、昆布そもそも殆ど食べないし……と思ったものの、昆布出汁でも摂取可能ぽいので、それならドイツ生活でも摂れているだろうと考えました。ドイツでは、食塩にヨウ素が添加されている商品もあります。多分土地柄や食習慣からヨウ素を食事から摂りにくい生活なのだと思います。なので、妊婦向けの製品にヨウ素が添加されているものの方が普通なのだと思います。

子どもは授かりものなので、なかなか思うタイミングで授かれないものだとは思いますし、準備は思い立った日からできるよな、と思って飲み始めてみることにします。ただ、日本帰国予定のタイミングと妊娠初期や特に後期をズラしたり、帰国後、職場に復帰した際、社会人として最低1年は働いてから産休育休に入らないとと考えていたり、いつ産むか、産めるかというのはまた新たな悩み事でもあります。最終的にはその都度、最善の選択をとるくらいしかできないと思うのですけどね。笑

 

*1:

(参考・葉酸を摂取することに関して)

halproject.blogspot.de

*2:

(参考・ドイツの葉酸サプリと単語)

kocmoccc.hatenablog.com