デュッセルドルフ暮らしのとあるデザイナーの記録

幼児持ちドイツ暮らし。ドイツ暮らしや子育てメモとか記録

ストなので、かわりの足を考える

本日3/21(水)はRheinbahnの全ての地下鉄と路面電車、殆どのバス路線がストライキでした。さらに、ゴミ収集と多くのKITA(保育園)も休みと来た! さて、今日の足はどうするか……と前日の間に色々検討していました。

我が家が考えたスト時の足

  1. キックボード大人用を買う
  2. 自転車シェアリングを利用
  3. 原付シェアリングを利用

他にはカーシェアリングやタクシーなども手段としてアリですが、我が家は通勤・通園ともに、徒歩で一応行ける距離なので、上記以外は検討しませんでした。また、これは子供を連れていない前提での足です。なので保育ママへの送りは徒歩で向かいました。(寒かった〜!)

キックボード大人用を買う

ドイツではキックボード(ドイツではScooterと言うっぽい)が3歳以上から小学生頃までとても人気の移動手段です。幼児用は足を乗せる部分がプラスチック製で、対荷重50kgまで、金属製は大人まで利用ができて100kgまでOKというものが多いです。3輪タイプと2輪タイプが両素材でありますが、幼児は3輪タイプを使う子が多いです。

Toy's R Usやその他おもちゃ店、デパート、スポーツ用品店などでよく見かけることができますが、金属製は安いものは50EURO以下でも見つかりますが、100EUROと案外高いです。私が昨日寄ってみたおもちゃ店ではMicroというメーカーのキックボードが多く置いてありました。ハンドル部分が伸ばせるので、大人でも使える。amazon.jpでも12800円とのことなので、高い買い物ですね……。

といっても、うちの子がキックボード欲しがっているので、ドイツか日本かはわかりませんが、いつかは買うつもりだったのと、大人もOKなものを買えば日本で私も使えるかも……と思ってやや前向きではありましたが、イニシャルコストが高いので今回は保留。(それでも夫はこれ買っておいても良かったかな〜と言っている笑)

自転車シェアリングを利用

FordPass Bike」というバイクシェアリングのサービスがデュッセルドルフとケルンにあります。「nextbike」というバイクシェアリングもあるのですが、私がスマホアプリ上からうまく支払い情報の登録ができずに放置です。NextBikeはドイツ全土にシェアバイクがあり、ドイツ以外にもあるみたいです。また、公式サイトは英語もあるので、英語で登録ができて便利そうです。

私はFordPass Bikeをを利用しました。EUで有効な運転免許は持っていますが、自転車が一番乗り慣れているのと、原付は乗ったこともないので……。

年会費と利用料(30分以内でした)で今回は4EUROをクレジットカードで支払いました。

私はiPhoneユーザーなので、Androidユーザーはどうなのか分かりませんが、Appストアを日本のままにしている人は、ストアをドイツに国を変更しないとアプリがダウンロードできません

アカウント登録して利用するまでを記事にまとめてみました。

uki.hateblo.jp

【FordPass Bike公式サイト】

www.fordpass-bike.de【nextbike公式サイト】

www.nextbike.de

原付シェアリングを利用

Eddy」という電動スクーターシェアリングサービスもデュッセルドルフ市内にあります。正直この電動スクーター、街に転がってるの見たことないのですが、アプリでスクーターを探してみると案外あるんですよね。

免許証を持っている人で原付に慣れている人はいいと思います。登録時に免許証と顔を撮って認証する必要があります。

【Eddy公式サイト】

eddy-sharing | Elektro-Roller Sharing in Düsseldorf

 

ところで氷点下の中の自転車も原付もめちゃ寒いです

今朝はマイナス2度でした。帽子も忘れるし、手袋は指先が出ているタイプをよく使っているので、あっというまにカチコチに冷えてしまいました。ストの日はもう少し暖かければよかったのにねー。