デュッセルドルフ暮らしのとあるデザイナーの記録

デュッセルドルフに1歳児と一緒に引っ越してきました。今のところ、暮らしのメモや記録中心です

あってよかったと思う子ども用メラミン食器

我が家は子どもの離乳食が始まる時にスプーンは買いましたが、既に自宅には小さなココットがたくさんあったので、他には特に買いませんでした。

離乳食後期になると、お皿を持ち上げたり動かしたりに手を焼いたので、動かない対策を色々試みて、離乳食後期でエジソンのベビー食器を買ったくらいです。

 

 

これも持ち上げにくい構造のはずですが、持ち上げましたけどね……!(泣ける)

 

陶器やガラスの食器を使うと、食器自体の重みや、落としたら割れる、割れたらもう元に戻らないなどと教えられるという点を重視(?)して育児をする人がいると思いますが、我が家ではそこまで重視したポイントではありませんが、うちに小さい食器は既にあるし、特別買い足さなくてもあるもので行こうと思いました。

 

そして我が家にある子ども用食器は、私と夫が幼児期に使っていたベビー食器! 20年?30年?ものですね。お互いの親も良くとっといたものだ。

その中に一枚、ライオンの顔がかかれたメラミン食器がありました。昭和らしいポップさで、オシャレかどうかはまた別問題。そして幼児には関係ないのであった。

今は朝ごはんで主に使っています。

「食べたらライオンさんに会えるかな?」

「全部食べられたから、ライオンさんに会えたね!」

なんて言って、子ども自身も「がおー?」なんて言っています。

 

 キャラもののアイテムが子どもの食事のモチベーションに繋がるとは夢にも思わなかった!

 

そんなわけで、子ども用メラミン食器ってかわいいし、楽しいし、子どもも嬉しいんだなと思いました。ミッフィが好きなので、いいの見つけたら買ってみたいです。

 

こないだデンマークベビー雑貨の「done by deer」の食器を買ってみました。コップがプレートの丸い箇所にピッタリしているモジュールに気づいてしまってキュンとしてしまった!

でも、プレートは奥側が遠くて食べにくいかもと思ってコップとお揃いでプレートを買うのは断念しました……。

イラストや色使いはある意味地味なんですけどね、子どもはコップに書いてあるゾウやカバ(多分)を見つけては喜んでいます。

 

 

f:id:ukite:20170713072443j:image f:id:ukite:20170713072651j:image

Done by Deer – Cool and fabulous design for children

 

デュッセルドルフ市内にも取り扱い店あります。

多分Baby Kochsが一番お店に入りやすい…笑