デュッセルドルフ暮らしのとあるデザイナーの記録

デュッセルドルフに1歳児と一緒に引っ越してきました。今のところ、暮らしのメモや記録中心です

ドイツの服は袖が長いなぁ……

多分ヨーロッパで買う服は全部袖が長いですね。

昨日はアウター何か買えたらいいなと思ってSchadow Straße(シャドーシュトラーセ)へ買い物に行ってみました。この通り近辺はショッピングモールや、洋服、靴などのお店がたくさん集まっています。

 

洋服店で、良さそうな服を見つけたらまず最初に一番小さいサイズを探します。

  • 日本の7号が34
  • 日本の9号が36

らしいです。(参考:「ネットdeデュッセル サイズ互換表」https://goo.gl/6PyRw9

日本のセレクトショップなどでこの数字の単位よく見かけるので、慣れてる人にはすぐ分かるかもしれません。私は服を買うの苦手(?)でこういうの全然覚えられないので何度も店員さんに聞かないと分かりません。_(┐「ε:)_

私は日本で36か38の服を買ってたと思います。38こっちで買ったら袖がだるだるそう!

ジャケットやジャンパーで良いものがあればと思って、あれこれ羽織ってみたけど、とにかく袖が長い。肩まわりや、ウエストあたりも良さそうなのに袖が長い。夫は、日本でも展開しているブランドのアウターの一番小さいサイズなら袖が合っていました。

でもヨーロッパで買ったUNIQLOの服は、ヨーロッパ仕様で袖が長かったという話を耳にしたことがあるので、もしかしたら販売先の国に合わせて違うのかも?

 

昨日行ったお店で見かけた一番小さなサイズは36だったので、もし34があれば、袖が許容範囲になったかなあ?肩が今度窮屈になりそうなイメージ。

それか、トップスだったら、困ったら無印良品で服を買おうかな……(ㆀ˘・з・˘)。残念ながらデュッセルドルフにはユニクロはないのよね。ドイツで買うとユニクロも高いけど、子どもの服を買うにも便利なのよね。